FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、青春の小倉陸橋

ここ最近、久しぶりに「つるそう」マイブームが起きています。
今日はニーナさんこと、EF66 27が入るということで、
人出が予想されながらも小倉陸橋下へ。




20160612-1.jpg



学生の頃、行くところがない日は
なんちゃらの一つ覚えのように小倉へ来ていました。
尻手方面、鶴見方面どちらの列車も撮れるし、
貨物の拠点ツソキクが近いもんだから
とにかくいろんな機関車がやって来る。
岡機のロクゴなんかは原色ゴロゴロで
とにかく何度来ても飽きない場所でした。

そのうち、広大な草原に「売地」のノボリが立ち始め
もーすぐ撮れなくなっちゃうのかなぁーと、
多感な10代だったボクは
まだ見ぬ未来へ寂しさを感じていたものです。

それでもあの頃より制限はあるものの、
いまでも同じように撮れるのは嬉しい限り。
やって来る車両や景色は変われど、
同じ場所に立つと10代の週末に戻ってしまうのです。



20160612-2.jpg


ご一緒させていただいた方と
ちょっと懐かしい話で盛り上がったので。
本日撮影のニーナさんと同じ列車の3050レ(当時)。
列番こそ変わったものの、同じスジが残ってて
同じようにロクロクが引っ張ってます。



一番変わったのは、
わたしがオッサンになってきたことです。




(割畑付近 2016.6、2002.4)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。