FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴーロクマル

先日、ネットサーフィンをしていたところ
日本海側のEF81を数多く撮られているサイトにたどり着きました。

2000年代初頭の写真を多く拝見したのですが、説明文の中に

「客車JTより485より「サンゴーロクマル」に夢中だった頃」

という一節がありました。
「サンゴーロクマル」、日替わりで来る長さの違う貨車に、
個性あふれる富山パーイチとの組合せ。
タキ車もカラフルなものが多く、毎回楽しみな列車でした。

掲載されている素晴らしい写真の数々を拝見しながら、
懐かしい想い出に浸っていた次第です。



20151107-1.jpg




駄作ではありますが、サンゴーロクマルを一枚。
南長岡からはいろんな種類のタキが増結されて
編成も長く、見応えがあったと記憶しています。
ただ、当時は比較的列車本数の多かった
南長岡以北でばかり撮っていて…。
こちらではあまり多くのカットを残せなかったのが無念。

このころ、化成品は着々とコンテナ化が進みながらも
まだまだ楽しめたように思います。
この他にも「サンパーパーイチ」こと3881レとか、
2往復の二本木貨物とか。新井でも入換してましたね。

この当時はその時なりに必死に撮ってたつもりですが、
やっぱり後になると思い残すことばっかりです。
鉄道趣味って、いつまでもそういうもんなんでしょうね。




(越後岩塚-塚山 2003.8)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。